【ショートスリーパー入門】朝5時起きが習慣になる5時間快眠法【13分書評動画】

【13分まとめ動画】ショートスリーパーになる方法(5時間快眠法)(Revised edition)

睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門「朝5時起きが習慣になる5時間快眠法」のまとめ動画です。

坪田聡

日本睡眠学会所属医師、医学博士。雨晴クリニック(富山県)副院長。All About 睡眠・快眠ガイド、生涯学習開発財団認定コーチ、日本医師会認定産業医。睡眠専門医として、20年以上現場に立ち続ける。

朝5時起きが習慣になる5時間快眠法

概要

本書は、短く深く眠ることで、早起きを実現する方法を説いた一冊です。
睡眠時間を削ることで、夜の時間も朝の時間も有効活用し、
それでも日中のパフォーマンスを下げない快眠メソッドを教えます。
睡眠専門医が語った、初のショートスリープ本でもあります。

「5時間快眠+朝5時起き」を実現すれば、あなたの人生は大きく変わります。
「早朝10分の生産性は、夜の1時間に値する」といった早起きの効能は多くのところで述べられていますが、
これまでと同じ睡眠時間(7時間前後)で、生産性の高い早朝という時間を手にしようとすれば、早寝で夜の時間を諦めなければなりませんでした。
また、無理に睡眠時間を削って早起きをしても、日中、疲れや眠気でつらくなってしまうのは目に見えています。

しかし、5時間快眠ができるようになれば、朝5時起きでも0時に寝ればよく、さらに日中も、ずっと疲れなく過ごせるようになります。
するとまず、朝「2時間」の自由時間が増えます。
生産性の高い早朝に仕事や勉強をしたり、健康的な朝食を食べて余裕のある朝を過ごしたり、
あるいは、健康のために朝のランニングを始めたり……これまで以上に余裕のある生活が待っています。

さらに、夜の時間の使い方も変わります。
「朝の時間を有効に使えるようになることで、いつもより早く帰宅でき、家族との時間を多く過ごせるようになる」
「これまでは疲れて眠るだけだった夜の時間を、友人との食事、読書や映画鑑賞などにあてられるようになる」……
このように「5時間快眠」と「朝5時起き」を実現すれば、一日の使い方はガラリと変わるのです。

本書では、この2つを実現するメソッドを、睡眠専門医が丁寧に解説していきます。

◎医学的に正しい睡眠時間の削り方
◎医学、生理学×コーチングで教える「朝5時起き」を習慣にするコツ
◎超熟睡できる9つの具体策
◎「即」寝落ちできる7つの方法
◎目覚めスッキリの「4つ」の秘訣
◎時間と場所がなくてもできる「5つ」の仮眠……etc.

今日から実践できる睡眠の質を劇的に上げるメソッド、
そして、朝5時起きを実現するメソッドが満載です。

――目次――

プロローグ:人は本当に「睡眠時間」を削れるのか?
STEP1:「即寝・即起き」の技術で、睡眠効率を高める
STEP2:睡眠の「質」を上げ、脳と体を劇的に回復させる
STEP3:5つの「仮眠」で、一日中、疲れ知らずの体になる
STEP4:2か月で「朝5時起き」を習慣にする
出典元:引用 – Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA